日々の仕事

2019年04月28日一津屋の家 内部造作、電気関係打合せ

松原にて。
一津屋の家 新築工事(木造2階建て)、先週の写真です。
外壁下地の工事が進みつつ、内部では各部詳細打合せを行っていきます。


間仕切り壁の下地工程に入る前に、造作家具や収納、棚板など空間の詳細な形を最終確認していきます。

 

 

 


 
壁の中に仕込まれるコンセントやスイッチ、弱電端子類の位置・高さ・数もすべて
現場でクライアントと

工務店立会いのもと現場確認を行います。

 

 

 

    


 
打合せを重ねてインプットしている情報から、クライアントご家族の新しい暮らしを
イメージして全ての

内容はこちらが提案しています。

 


 
もちろん設計時にも図面上で説明してOKは頂いていますが、工事中に実際の空間でもう一度
プレゼンを

行うようにしています。

 

 


 
第一に出来上がってからの満足度を高めること、第二に工事の手戻りをなくすこと。


それが目的です。