建築企画、設計、監理 / 土地、建物のコンサルティング

WORKS

FEELING

03
障害者の方々とそのご家族のために…
木造古家をリノベーションした

障害者短期入所施設『あじさいの家』

大阪府和泉市

02

04

木造平屋の古家から障害者の宿泊サービス施設へローコストリノベーション。
古くからの住宅地という立地、地域密着型のアットホームな障害者短期入所施設です。
居室は法的には4床室扱いですが、構造的に重要な既存土壁を活用し、利用者のプライバシーを保つことができる準個室形式へ近づける工夫をしました。
住宅的な落ち着きの中に、泊まりならではささやかな非日常感を感じて頂ければと思います。
この古家は第二の人生を与えられて幸せだと思いますし、まだまだ働いてもらわなければなりません。
障害者の方々とそのご家族の暮らしを支え、あたたかく包み込むような建築として、活躍し続けることを願っています。

クライアント、施工者、設計者の三者がそれぞれ力を合わせて常に前向きに現場を創り上げました。やはり何かを成す時に一番大事なのは気持ちです。

居室の南側(向かって奥が準個室部分)

RENOVATION

既存の柱や梁を活かして、元々の面影を残しながら解放的な居室にしました。

居室の南側(準個室部分)

平面的に不要になった床の間と押入れ部分も居室に取り込んで床面積を拡げました。

居室の南側(リビングを兼ねる)

2つの和室の間にあった既存の柱と壁を撤去し、一体空間の居室にしています。
もちろん構造的な補強もばっちりです。

居室の北側(向かって奥が準個室部分)

RENOVATION

もともと台所だった部分も居室として取り込みました。
上部はロフトです。

ロフトに上がる梯子スペース

RENOVATION

GALLERY

実績一覧へ戻る